Traveling Tumbler/Arita画像
商品説明
Around 1616 the Izumiyama quarry was discovered in Arita and Japan’s
 porcelain production began. Within the first century, Japan overtook 
China and became the world's number one exporter. Originally shipped 
out of the port of Imari city, Arita porcelain became known as Imari ware.
 One of the most famous Arita painting techniques is the Kakiemon Style. 
It balances white space with intricate nature-inspired imagery.

1616年頃、有田町で泉山磁石場が発見され、日本の磁器の生産が始まりました。 
1世紀以内に、日本は中国を追い抜き、世界一の輸出国になりました。
 もともと伊万里港から出荷されていた有田焼は、伊万里焼として知られる
ようになりました。 
有田の最も有名な絵画技法の1つは、柿右衛門スタイルです。
それは、空白と複雑な自然に触発された画像のバランスを取ります。

Traveling Tumbler/Arita



トラベリングタンブラー/有田


商品サイズ/直径約8.5㎝×高さ約13㎝ 本体重量 300g
箱サイズ/縦9.5cm×横10.4cm×高さ14.7cm
内容量 300Ml(コンビニコーヒーMサイズ)

材質/カップ:磁器(porcelain)、蓋:シリコン(silicon)


電子レンジ、食洗機対応可


※この商品はポイント付与対象外です。

ショッピングカート
ご注文についてのお知らせ
ご注文をいただいてから商品の在庫確認をさせていただきます。在庫の確認が完了しましたらご注文の受付とさせていただきます。
商品発送のお知らせ
いつも幸楽窯オンラインショップをご利用いただきありがとうございます。現在、ご注文を多数いただいており、ご注文からお届けまで1週間~10日ほどお時間をいただいております。また、一部の海外発送については各国の新型コロナ感染症の対応状況により郵送、EMS、宅急便等の配送が不可になっていることがございます。何卒、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。
Copyright ©幸楽窯 Kouraku Kiln All Rights Reserved.